石原広一郎 いしはら こういちろう(1890〜1970)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:京都府[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 京都府
生没年月日 明治23年1月26日〜昭和45年4月16日
1890年1月26日〜1970年4月16日)

解説

大正2年(1913)立命館大学を卒業後、5年マレー半島に渡り、鉄鉱山を開発。9年南洋鉱業公司(後の石原産業)を設立。事業を拡大し、海運業、フィリピンなどの鉱山開発、精錬業にも進出。第二次大戦中は南洋資源に関係して戦時利潤を上げ、石原コンツェルンを築いた。事業の一方、神武会や明倫会など国家主義団体に資金を提供、支援。二・二六事件では反乱幇助の嫌疑で逮捕、起訴されたが、無罪となった。戦後、A級戦犯容疑で拘留(不起訴釈放)、公職追放を受けたが復帰し、財閥解体後の石原産業の社長、会長を長く務めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:財界人物評論全集 第2巻
請求記号:775-73
白黒、11.0×9.7 cm