江木翼 えぎ たすく(1873〜1932)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:え[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家官僚
出身地(現在) 山口県
生没年月日 明治6年4月24日〜昭和7年9月18日
1873年4月24日〜1932年9月18日)

解説

旧姓羽村。江木千之の養子。明治30年(1897)東京帝大法科大学卒。内務省に入り、法制局参事官、内閣書記官などを経て、第3次内閣、第2次大隈内閣、加藤高明内閣で内閣書記官長を務める。この間、大正5年(1916)に憲政会の設立に参画、貴族院勅選議員となる。以後、加藤高明内閣および第1次若槻内閣で法相、浜口内閣で鉄相を務め、ロンドン軍縮条約の成立に尽力し、第2次若槻内閣で留任。立憲民政党顧問、筆頭総務。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:江木翼伝
請求記号:766-38
白黒、10.0×14.8 cm