菊池武夫 きくち たけお(1854〜1912)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:き[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岩手県[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

職業・身分 法律家官僚
出身地(現在) 岩手県
生没年月日 嘉永7年7月28日〜明治45年7月6日
1854年8月21日〜1912年7月6日)

解説

岩手県出身。法律家。父は岩手県士族。明治8年(1875)にアメリカに留学し、10年ボストン大学法学部卒業。帰国後、司法省に出仕し、民事局長。一方18年に英吉利法律学校(後の中央大学)を設立、21年日本初の法学博士号を授与される。24年貴族院議員。36年中央大学の初代学長。また、26年東京地方裁判所に弁護士として登録を受け、36年を含め、2度にわたり東京弁護士会会長に選ばれるなど、弁護士としても活躍した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:菊池先生伝
請求記号:753-60
白黒、9.5×13.9 cm