牧野英一 まきの えいいち(1878〜1970)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岐阜県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(社会科学)法律家
出身地(現在) 岐阜県
生没年月日 明治11年3月20日〜昭和45年4月18日
1878年3月20日〜1970年4月18日)

解説

刑法学者。明治36年(1903)東京帝大法科大学卒。東京地法裁判所判事などを務めたのち、43年から独・英・伊に留学。ベルリン大学のリストに師事し近代派刑法学を学んで帰国。大正2年(1913)から昭和13年(1938)まで東京帝大教授。主観主義、目的刑論、教育刑論にもとづく刑法理論を提唱し、監獄行政の改善を促した。また、多くの立法作業に関与。21年貴族院議員。25年文化勲章受章。弟に政治家牧野良三。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:法律における思想と論理 牧野博士還暦祝賀論文集
請求記号:746-13
白黒、9.1×13.4 cm