澤柳政太郎 さわやなぎ まさたろう(1865〜1927)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:さ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長野県[前の人物次の人物]

職業・身分 教育家官僚
出身地(現在) 長野県
生没年月日 慶応元年4月23日〜昭和2年12月24日
1865年5月17日〜1927年12月24日)

解説

父は松本藩士。明治21年(1888)帝国大学文科大学卒。同年文部省に入省するが、25年辞任。以後、群馬県立尋常中学校、第二高等学校、第一高等学校等の校長に就任。学校騒動を生徒との話し合いによって解決するなど、「名校長」と称された。31年文部省普通学務局長に就任し、33年文部官僚として小学校令を改正し、義務教育を4年から6年に延長した。39年文部次官を経て、44年東北帝国大学初代総長、大正2年(1913)京都帝大総長となるが、教授の任免をめぐる「澤柳事件」により翌年辞任。5年帝国教育会会長に就任。6年成城小学校を創設し、児童の自発性を重んずる新教育運動を主導した。明治42年(1909)貴族院議員に勅選。文学博士。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:吾父沢柳政太郎
請求記号:739-56
白黒、9.6×14.2 cm