古市公威 ふるいち こうい(1854〜1934)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ふ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)官僚
出身地(現在) 東京都
生没年月日 嘉永7年閏7月12日〜昭和9年1月28日
1854年9月4日〜1934年1月28日)
号・別称等 古市公威(ふるいち きみたけ)
古市世阜
古市孤台

解説

土木工学者。父は姫路藩士古市孝。開成所、大学南校に学び、明治8年(1875)文部省最初の留学生としてフランスに留学。13年に帰国後、内務省土木局に勤務。19年帝国大学工科大学教授兼学長になる。21年工学博士。23年内務省土木局長、貴族院勅選議員。全国の河川工事、港湾修築などに携わり、日本の土木工学、土木行政の近代化に尽力した。33年逓信省総務長官、36年京釜鉄道総裁、39年統監府鉄道管理局長官。大正3年(1914)土木学会初代会長となり、その後理化学研究所長、学術研究会議会長、万国工業会議会長、日仏会館理事長等を歴任。その間、13年枢密顧問官に就任した。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:古市公威
請求記号:735-53
白黒、9.0×13.6 cm