山本条太郎 やまもと じょうたろう(1867〜1936)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福井県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 福井県
生没年月日 慶応3年10月11日〜昭和11年3月25日
1867年11月6日〜1936年3月25日)

解説

福井藩士山本条悦の長男。共立学校(開成中学・高校の前身)を中退後、三井物産に入社。横浜支店、上海支店、上海紡績株式会社、大阪支店などを経て、明治42年(1909)常務取締役に就任。辛亥革命の革命派に資金提供し支援したが、大正3年(1914)シーメンス事件に連座し、辞職。5年に特赦。9年衆議院議員に当選。以後当選5回。昭和2年政友会幹事長、同年満鉄社長(後に総裁)に就任し、満洲開発を推進。五・一五事件後は政友会・民政党の挙国一致内閣論を主張した。10年貴族院議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:山本条太郎翁追憶録
請求記号:712-115
白黒、8.8×13.8 cm