伊地知正治 いじち まさはる(1828〜1886)

現在のカテゴリー:生年月日順:1820年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 文政11年6月27日〜明治19年5月23日
1828年8月7日〜1886年5月23日)
号・別称等 伊地知正治(いじち しょうじ)
龍右衛門
一柳

解説

慶應4年(1868)2月東山道先鋒総督参謀を任命され、江戸攻撃の指揮を務め、また会津攻略に参加。これらの功により明治2年(1869)永世禄高千石を下賜される。鹿児島藩権大参事、左院議官、教部省御用掛等を経て、7年左院議長、参議、10年修史館総裁、宮内省御用掛。17年伯爵。19年に宮中顧問官。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:伊地知正治小伝
請求記号:708-47
白黒、8.6×12.7 cm