関一 せき はじめ(1873〜1935)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:せ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:静岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚学者(社会科学)
出身地(現在) 静岡県
生没年月日 明治6年9月26日〜昭和10年1月26日
1873年9月26日〜1935年1月26日)

解説

都市政策研究の先駆者。明治26年(1893)高等商業学校(後の一橋大学)卒業後、大蔵省、商業学校の教諭等を経て、30年同校の教授となる。翌年から3年間ベルギーへ留学。経済政策、交通政策等の研究で知られ、大正3年(1914)から大阪市助役、12年から11年余、市長を務めた。この間、築港事業、鉄道建設など社会資本の整備をはかるとともに、公設市場、市営住宅のほか、大阪商科大学の設置などの都市社会政策に尽力。昭和9年(1934)貴族院議員。法学博士。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:故大阪市長関一市葬誌
請求記号:705-14
白黒、9.2×12.8 cm