珍田捨巳 ちんだ すてみ(1857〜1929)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ち[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:青森県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 青森県
生没年月日 安政3年12月24日〜昭和4年1月16日
1857年1月19日〜1929年1月16日)

解説

父は津軽藩士。藩校稽古館、ついで東奥義塾に学ぶ。明治9年(1874)明治天皇の東北地方巡幸の際、英語で御前講演を行う。アメリカ留学後、18年外務省に入省し御用掛となる。以後、サンフランシスコを始め各地に駐在。34年外務総務長官、36年外務次官。ドイツ・アメリカ・イギリス各駐箚大使などを経て、大正8年(1919)全権委員としてパリ講和会議に出席。9年伯爵、同年枢密顧問官に就任。10年宮内省御用掛として皇太子の渡欧に随行。東宮大夫兼務等を経て昭和2年(1927)侍従長に就任。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:伯爵珍田捨己伝 明治・大正・昭和外交史料
請求記号:702-99
白黒、9.7×15.1 cm