安川敬一郎 やすかわ けいいちろう(1849〜1934)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 嘉永2年4月17日〜昭和9年11月30日
1849年5月9日〜1934年11月30日)
号・別称等 安川撫松(やすかわ ぶしょう)

解説

安川財閥の創始者。福岡藩士・徳永省易の四男として生まれ、安川家の養子となった。慶應義塾を中退し、安川家の家業である炭鉱業を継ぐ。石炭販売に始まり、筑豊炭田に採掘権を得て事業を拡大。明治41年(1908)に明治鉱業を設立、社長に就任。炭鉱業のほかに、大阪織物、明治紡績、九州製鋼、黒崎窯業、安川電機といった会社を設立。麻生、貝島と並び筑豊御三家と称された。大正3年(1914)衆議院議員に当選。9年男爵。13年貴族院議員。明治専門学校(現九州工業大)を創立するなど、教育、社会事業にも尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:撫松余韻
請求記号:697-57
白黒、9.5×9.0 cm