江原素六 えばら そろく(1842〜1922)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:え[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家教育家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 天保13年1月29日〜大正11年5月19日
1842年3月10日〜1922年5月19日)

解説

父は幕臣の江原源吾。昌平坂学問所、講武所に学び、撤兵(さっぺい)頭を経て、維新後は静岡県下で殖産興業と教育事業に取り組み、県会議員、沼津中学校長などを務める。またキリスト教徒として伝導生活に入り、明治22年(1889)東洋英和学校幹事、後に校長。28年麻布尋常中学校(後の麻布学園)を創設、校長を務めるなど、終生教育家として活躍した。一方政界においては、明治23年第1回総選挙で衆議院議員に当選し、以後7回当選。自由党・憲政党・政友会に所属し、45年には政党人として初めて貴族院議員に勅選された。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:江原素六先生伝
請求記号:693-30
白黒、9.1×13.5 cm