藤澤幾之輔 ふじさわ いくのすけ(1859〜1940)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ふ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:宮城県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家法律家
出身地(現在) 宮城県
生没年月日 安政6年2月16日〜昭和15年4月3日
1859年3月20日〜1940年4月3日)

解説

父は仙台藩士。宮城英語学校、東京神田の茂松法学舎で学び、明治13年(1880)代言人試験に合格し仙台で開業。自由民権運動に従事する。宮城県会議員、仙台市会議員・議長を経て、25年衆議院議員(当選13回)。以後、進歩党から立憲民政党まで憲政会系政党に籍を置き、大正15年(1926)第1次若槻内閣商工相、昭和5年(1930)衆議院議長となる。6年貴族院議員に勅選、9年枢密顧問官。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:藤沢幾之輔
請求記号:692-94
白黒、9.0×12.7 cm