内田信也 うちだ のぶや(1880〜1971)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:う[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:茨城県[次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 茨城県
生没年月日 明治13年12月6日〜昭和46年1月7日
1880年12月6日〜1971年1月7日)

解説

東京高等商業学校卒。三井物産を経て、大正3年(1914)に内田汽船を設立し、第一次世界大戦の戦争景気に乗じて船成金となる。13年(1924)に衆議院選挙当選。7回連続当選。昭和9年(1934)岡田内閣鉄相、18年宮城県知事、19年東条内閣農商相、貴族院議員を歴任。戦後公職追放。追放解除後、27年の衆議院選挙で当選。第5次吉田内閣農相に就任。24年以後、明治海運会長を務めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:風雲児内田信也
請求記号:687-111
白黒、9.3×13.5 cm