謝花昇 じゃはな のぼる(1865〜1908)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:沖縄県[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:社会運動家[前の人物次の人物]

職業・身分 社会運動家官僚
出身地(現在) 沖縄県
生没年月日 慶応元年9月28日〜明治41年10月29日
1865年11月16日〜1908年10月29日)

解説

父は中農。明治15年(1882)沖縄初の県費留学生として上京。学習院中学科、東京山林学校、東京農林学校を経て、24年帝国大学農科大学卒。同年沖縄に戻り、県技師に就任。農業技術の指導及び砂糖生産拡大の障害となっていた貢糖制度の廃止等に尽力した。しかし奈良原繁知事と対立し、31年農工銀行常務取締に就任した後県技師を辞職。上京して沖縄倶楽部を結成し、機関誌『沖縄時論』を発行して、奈良原県政への批判及び沖縄県民の参政権要求の運動を展開するも挫折。不遇のうちに死去。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:義人謝花昇伝 沖縄自由民権運動の記録
請求記号:682-119
白黒、9.5×12.8 cm