松岡康毅 まつおか やすたけ(1846〜1923)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:徳島県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

職業・身分 法律家政治家
出身地(現在) 徳島県
生没年月日 弘化3年6月23日〜大正12年9月1日
1846年8月14日〜1923年9月1日)
号・別称等 退堂(たいどう)

解説

農民松岡康吉の四男。明治8年(1875)東京裁判所長をはじめ、神戸裁判所長、広島控訴裁判所長、大審院民事第1局長、同刑事第2局長、東京控訴院長、検事総長、内務次官行政裁判所長官等を歴任。24年貴族院勅選議員。また、26年日本法律学校長、36年日本大学と改称された後の初代学長となる。39年第1次西園寺内閣で農商務相に就任、大正6年(1917)男爵に叙せられ、9年枢密顧問官になる。12年関東大震災で罹災し死去。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:松岡康毅先生伝
請求記号:669-56
白黒、10.0×14.4 cm