馬越恭平 まごし きょうへい(1844〜1933)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岡山県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 岡山県
生没年月日 天保15年10月12日〜昭和8年4月20日
1844年11月21日〜1933年4月20日)
号・別称等 馬越恭平(まこし きょうへい)
化生(かせい)

解説

父は医師。大阪造幣寮、益田孝の知遇を得て、明治6年(1873)先収会社に入社し、その後身の三井物産で横浜支店長、元締役、売買方専務などを務めた。日本麦酒の役員となって同社の再建を手掛け、29年三井物産を退社して日本麦酒の経営に専念。32年には日本初のビヤホールを銀座に誕生させた。39年日本麦酒、札幌麦酒、大阪麦酒の三社の合同により設立した大日本麦酒の社長に就任。「ビール王」と呼ばれた。その他、帝国商業銀行頭取をはじめ、100以上の企業の役員を歴任。31年衆議院議員、大正13年(1924)貴族院議員勅選。茶人としても知られる。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:馬越恭平翁伝
請求記号:669-156
白黒、10.0×14.6 cm