中野武営 なかの ぶえい(1848〜1918)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:香川県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家実業家
出身地(現在) 香川県
生没年月日 弘化5年1月3日〜大正7年10月8日
1848年2月7日〜1918年10月8日)
号・別称等 権之助
作造
随郷

解説

父は高松藩士。藩校講道館に学ぶ。明治5年(1872)香川県の官吏、のち農商務省の権少書記官となる。明治14年の政変では大隈重信に従い辞職し、立憲改進党の結成に尽力。23年第1回衆議院議員選挙で当選、以後当選8回。この間、東京株式取引所理事長、関西鉄道社長等を務め、38年渋沢栄一の後をうけて東京商業会議所会頭に就任。第一次護憲運動の有力な支持者としても活動し、営業税撤廃運動を推進した。大正3年(1914)東京市会議員に当選し、議長に選出された。6年東洋製鉄を設立し、社長を務めた。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:中野武営翁の七十年
請求記号:661-149
白黒、8.3×12.1 cm