市川房枝 いちかわ ふさえ(1893〜1981)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:愛知県[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:社会運動家[前の人物次の人物]

職業・身分 社会運動家政治家
出身地(現在) 愛知県
生没年月日 明治26年5月15日〜昭和56年2月11日
1893年5月15日〜1981年2月11日)

解説

大正2年(1913)愛知女子師範学校を卒業後、小学校教員や『名古屋新聞』の記者を務め、7年に上京。8年平塚らいてうなどと新婦人協会を創立、治安警察法第五条の改正運動を起こす。10年渡米、女性問題の研究に励んだ。13年に帰国後、ILO東京支局職員。同年婦人参政権獲得期成同盟会を結成、婦人参政権運動の中心人物となる。戦後、新日本婦人同盟結成。公職追放解除後、昭和28年(1953)から46年まで参議院議員を務める。同年通常選挙で落選するが49年に再度当選。第二院クラブに所属し、政界浄化、女性の地位や権利の向上に尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:国立国会図書館月報 613号 2012年4月
請求記号:Z21-146
白黒、3.0×5.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:現代名家大演説集
請求記号:656-2
白黒、3.6×2.7 cm