安楽兼道 あんらく かねみち(1851〜1932)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:あ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[次の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 嘉永3年12月12日〜昭和7年4月12日
1851年1月13日〜1932年4月12日)

解説

父は鹿児島藩士新納一角。のち、安楽兼通の養子となる。明治4年(1871)御親兵徴士。8年警視庁警部補、以後警察畑を歩み、19年熊本県警部長。29年山口県知事、30年福島県知事、31年岐阜県知事等を経て、32年内務省警保局長となる。岐阜県知事時代には、濃飛農工銀行創立、また、警保局長時代に警察協会を創設。33年から大正3年(1914)までの間に、4度にわたり警視総監を務める。明治37年(1904)貴族院議員。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:安楽兼道翁
請求記号:640-78
白黒、9.4×13.7 cm