花井卓蔵 はない たくぞう(1868〜1931)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:広島県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

職業・身分 法律家政治家
出身地(現在) 広島県
生没年月日 慶応4年6月12日〜昭和6年12月3日
1868年7月31日〜1931年12月3日)

解説

父は広島藩士立原四郎右衛門。後に花井家に養子に入る。明治21年(1888)英吉利法律学校(現中央大学)卒。23年代言人試験合格、開業。大逆事件、シーメンス事件など刑事事件の弁護により注目を集める。31年第6回衆議院総選挙に当選、第8回を除き、第13回選挙まで連続当選し、普通選挙や政界革新に尽力した。大正4年(1915)には、衆議院副議長を務め、11年貴族院議員に勅選。この間に法学博士を取得。東京弁護士会の会長を務め、各種法律の取調委員、法制審議会の委員に任命されている。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:花井卓蔵全伝 上巻
請求記号:640-271
白黒、8.8×15.3 cm