内田康哉 うちだ こうさい(1865〜1936)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:う[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:熊本県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 熊本県
生没年月日 慶応元年8月10日〜昭和11年3月12日
1865年9月29日〜1936年3月12日)
号・別称等 内田康哉(うちだ やすや)

解説

父は、熊本藩士。明治20年(1887)帝国大学法科大学卒。同年外務省入省。通商局長、政務局長等を経て、34年清国駐箚特命全権公使、40年オーストリア駐箚特命全権大使、42年米国駐箚特命全権大使。44年日米通商航海条約に調印、同年第2次西園寺内閣の外相に就任。大正5年(1916)ロシア駐箚特命全権大使、7年内閣の外相。9年伯爵に陞爵。高橋内閣、加藤友三郎内閣でも外相留任。14年枢密顧問官。昭和3年(1928)パリ不戦条約会議全権委員。6年南満洲鉄道総裁。7年斎藤内閣の外相。満洲国承認問題での議会答弁で「内田焦土外交」の異名をとった。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:英雄巨人を語る 満洲国建設記念
請求記号:640-180
白黒、8.5×13.6 cm