江木千之 えぎ かずゆき(1853〜1932)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:え[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚政治家
出身地(現在) 山口県
生没年月日 嘉永6年4月14日〜昭和7年8月23日
1853年5月21日〜1932年8月23日)
号・別称等 狂塢(きょうう)

解説

父は岩国藩士。開拓使学校、大学南校を経て、明治7年(1874)工部省工学寮を病気の理由により中退。同年文部省に入り、東京開成学校教員、参事官などを経て、24年普通学務局長に就任。25年より内務省に転じ、大臣秘書官兼内務書記官、県治局長を歴任。茨城県、熊本県などの知事を経て、37年貴族院議員に勅選。大正期における教育制度改革に尽力した。大正13年(1924)清浦内閣文相、同年内閣総辞職後、枢密顧問官。この間、日本赤十字社、警察協会など民間団体の役員及び國學院大学学長を歴任した。政治家江木翼の養親。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:江木千之翁経歴談 上
請求記号:640-179
白黒、10.0×15.1 cm