西徳二郎 にし とくじろう(1847〜1912)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:に[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 弘化4年7月25日〜明治45年3月13日
1847年9月4日〜1912年3月13日)

解説

父は鹿児島藩士。藩校造士館に学び、戊辰戦争に従軍。開成所、東京大学生徒監督等を経て、明治3年(1870)ロシア留学。8年ペテルブルグ大学法政科を卒業。フランス、ロシアの公使館勤務後、日本人として初めて中央アジアを踏査し、14年帰国。後に報告書『中亜細亜紀事』(1886)を出版した。以後、太政官大書記官、ロシア駐箚特命全権公使、30年枢密顧問官、第2次松方・第3次伊藤内閣の外相就任、31年朝鮮半島における支配権をめぐる西・ローゼン協定をロシアと締結する等、対ロシア外交に尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:男爵西徳二郎伝
請求記号:610-181
白黒、10.6×15.1 cm