永田秀次郎 ながた ひでじろう(1876〜1943)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:兵庫県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚政治家文学者
出身地(現在) 兵庫県
生没年月日 明治9年7月23日〜昭和18年9月17日
1876年7月23日〜1943年9月17日)
号・別称等 永田青嵐(ながた せいらん)

解説

明治32年(1899)第三高等学校卒。兵庫県立洲本中学校長、京都府警察部長、三重県知事などを経て、大正5年(1916)内務省警保局長。7年貴族院議員。12年以降、2度にわたり東京市長に就任。同時期に、赤尾敏の主宰する国家主義団体「建国会」の顧問の一人となり、同会が提唱した建国祭の準備委員長、拓殖大学長を務めた。昭和11年(1936)選挙粛正連盟理事長から、同年広田内閣の拓相、14年阿部内閣の鉄相、17年陸軍軍政顧問を歴任。俳人としては『永田青嵐句集』(1958)がある。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:梅白し 青嵐随筆
請求記号:609-183
白黒、10.6×7.6 cm