野田卯太郎 のだ うたろう(1853〜1927)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:の[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家実業家
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 嘉永6年11月21日〜昭和2年2月23日
1853年12月21日〜1927年2月23日)
号・別称等 大塊(たいかい)

解説

父は三池郡岩津村の豪農。自由民権運動に参加し、九州改進党に入る。明治16年(1883)岩津村村会議員、19年福岡県会議員を経て、31年3月衆議院議員に当選。一方で三池銀行、三池紡績会社、三池土木会社を興すなど実業家としても活躍。39年南満洲鉄道株式会社創立委員、45年政友会幹事長、大正2年(1913)東洋拓殖会社副総裁を経て、7年内閣にて逓相、14年加藤高明内閣にて商工相に就任。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:野田大塊伝
請求記号:594-24
白黒、10.0×14.9 cm