小山健三 こやま けんぞう(1858〜1923)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:埼玉県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家教育家官僚
出身地(現在) 埼玉県
生没年月日 安政5年6月13日〜大正12年12月19日
1858年7月23日〜1923年12月19日)

解説

父は、忍藩士小山宇三郎。藩校進修館等で学び、長野県師範学校等で教員を務めた後、明治14年(1881)文部省に奉職。28年高等商業学校長、31年1月兼実業教育局長を経て、同年5月に文部次官となるが、わずか2カ月で大隈憲政党内閣の成立に伴い退官。32年三十四銀行の頭取に就任、34年大阪銀行集会所委員長を務めるなど、大阪財界の有力者となった。大正4年(1915)南満洲鉄道監事、9年貴族院議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:小山健三伝
請求記号:594-189
白黒、10.2×15.6 cm