山県伊三郎 やまがた いさぶろう(1858〜1927)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 山口県
生没年月日 安政4年12月23日〜昭和2年9月24日
1858年2月6日〜1927年9月24日)
号・別称等 素空

解説

父は萩藩士勝津兼亮。母は山県有朋の姉、寿子。文久元年(1861)、山県有朋の養嗣子となる。明治4年(1871)岩倉遣外使節に随行してドイツに留学。帰国後、外務省翻訳見習を経て、ベルリン公使館在勤。16年太政官に入り、法制局参事官、愛知県書記官、徳島県知事、内務省地方局長、総務長官、次官等を経て、39年に第1次西園寺内閣の逓相となる。41年貴族院議員。43年韓国副統監となり、韓国併合後は朝鮮総督府政務総監として植民地行政に従事し、大正8年(1919)三・一独立運動を鎮圧。9年関東長官に就任。11年山県有朋の死により公爵を襲ぎ、同年、枢密顧問官となる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:素空山県公伝
請求記号:594-108
白黒、10.6×16.1 cm