高畠素之 たかばたけ もとゆき(1886〜1928)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:社会運動家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:群馬県[前の人物次の人物]

職業・身分 社会運動家ジャーナリスト
出身地(現在) 群馬県
生没年月日 明治19年1月4日〜昭和3年12月23日
1886年1月4日〜1928年12月23日)
号・別称等 高畠素之(たかはた もとゆき)

解説

明治32年(1899)前橋中学に入学。在学中に受洗し、社会主義思想にも関心を深める。37年同志社神学校に入学するが、40年退学。翌年前橋で『東北評論』を刊行するが、新聞紙条例違反により入獄し、44年堺利彦が経営する売文社に入社、機関誌『新社会』の中心的な執筆者となり、特にロシア革命の情報分析に努めた。大正8年(1919)堺らと分かれて以後、国家社会主義者として活動する。13年に『資本論』の日本初の全訳を完成させる。普通選挙制度実施に備え、国家社会主義政党の設立を準備していたが、昭和3年(1928)急死した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:急進愛国主義の理論的根拠高畠素之先生の思想と人物
請求記号:586-320
白黒、6.9×9.8 cm