梶浦重蔵 かじうら じょうぞう(1865〜1911)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鳥取県[次の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 鳥取県
生没年月日 元治2年3月7日〜明治44年7月23日
1865年4月2日〜1911年7月23日)

解説

逓信技師。父は鳥取藩士。明治19年(1886)帝国大学予備門に学び、23年に工科大学に入学。卒業後、逓信省に入る。日露戦争時に海底電線やその他通信施設の施工に寄与。日米連絡海底電線敷設にも携わり、各種の海底電線に関する発明がある。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm