杉田定一 すぎた ていいち(1851〜1929)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:す[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福井県[前の人物次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト政治家
出身地(現在) 福井県
生没年月日 嘉永4年6月2日〜昭和4年3月23日
1851年6月30日〜1929年3月23日)
号・別称等 杉田鶉山(すぎた じゅんざん)

解説

父は豪農杉田仙十郎。明治8年(1875)に上京、新聞記者として活動し、政府批判的によってたびたび入獄。板垣退助らとともに自由民権運動に挺身、15年南越自由党を結成。郷里の福井で国会開設請願運動や地租改正反対闘争を指導した。一方、17年上海に渡って東洋学館の設立に関わった。23年第1回総選挙に当選し(当選9回)、以後有数の議会政治家として活躍、第1次大隈内閣北海道長官、衆議院議長、立憲政友会幹事長を歴任した。45年貴族院議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:杉田鶉山翁
請求記号:577-117
白黒、10.9×15.0 cm