成瀬仁蔵 なるせ じんぞう(1858〜1919)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:宗教家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

職業・身分 教育家宗教家
出身地(現在) 山口県
生没年月日 安政5年6月23日〜大正8年3月4日
1858年8月2日〜1919年3月4日)
号・別称等 成瀬仁蔵(なるせ にぞう)

解説

父は萩藩吉敷毛利家の家臣。藩校吉敷憲章館で学んだ後、明治9年(1876)山口県教員養成所を卒業。10年沢山保羅によりキリスト教に入信。郡山教会、新潟教会牧師として伝道に従事する一方、梅花女学校教師となり、新潟女学校を設立するなど女子教育にたずさわる。23年より、アメリカのアンドバー神学校、クラーク大学に留学し、帰国後、27年梅花女学校校長となる。34年日本女子大学校(後の日本女子大学)を設立、晩年まで校長として女子高等教育に尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:成瀬先生伝
請求記号:577-64
白黒、14.1×10.0 cm