埴原正直 はにはら まさなお(1876〜1934)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山梨県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 山梨県
生没年月日 明治9年8月25日〜昭和9年12月20日
1876年8月25日〜1934年12月20日)

解説

明治30年(1897)東京専門学校(後の早稲田大学)英語政治科卒。31年外務省に出仕し、38年日露講和会議の全権委員随員、大正5年(1916)サンフランシスコ総領事、7年通商局長のち政務局長、8年外務次官等を歴任。この間、ポーランドの難民救護に尽力し、国際協調、平和外交に努めた。10年ワシントン会議全権委員、翌年米国駐箚特命全権大使となる。13年排日移民法案阻止のため国務長官宛に送った書簡の内容を曲解され、同法成立を促す結果となり、責任をとり帰国。昭和2年(1927)退官。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:名士の少年時代 新人国記 中部篇
請求記号:556-433
白黒、6.9×10.1 cm