若尾璋八 わかお しょうはち(1873〜1943)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:わ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山梨県[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 山梨県
生没年月日 明治6年7月27日〜昭和18年1月10日
1873年7月27日〜1943年1月10日)

解説

旧姓広瀬。若尾民造の娘婿。明治26年(1893)東京法学院(後の中央大学)卒業後、若尾銀行支配人から東京電灯にうつり、常務取締役、副社長、大正15年(1926)社長。大正6年(1917)より衆議院議員に3回連続当選。14年立憲政友会総務、昭和2年(1927)貴族院勅選議員、6年犬養内閣鉄道政務次官を歴任。他に信越電力、大同電力、富士製紙、東洋モスリン等の重役を務める。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:名士の少年時代 新人国記 中部篇
請求記号:556-433
白黒、6.4×8.3 cm