根津嘉一郎 ねづ かいちろう(1860〜1940)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ね[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山梨県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 山梨県
生没年月日 万延元年6月15日〜昭和15年1月4日
1860年8月1日〜1940年1月4日)

解説

地主・油商根津籐右衛門の次男。東京で漢学を学んだ後、郷里の村会・郡会・県会議員、村長を務める。株式投資で財をなし、東京馬車鉄道、東京電灯、東京瓦斯などの大株主として経営に参画。明治37年(1904)衆議院議員(当選4回)。38年業績不振であった東武鉄道の社長に就任。財務状況の改善や路線延長を行って経営を好転させ、多数の鉄道会社を吸収合併して大企業に発展させたほか、沿線の日清製粉、上毛モスリンなどの経営にも関与した。大正10年(1921)根津育英会を創設し、同会の寄付で武蔵高等学校(後の武蔵大学)を設立。15年貴族院議員。美術品収集家としても著名で、没後に根津美術館が設立された。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:名士の少年時代 新人国記 中部篇
請求記号:556-433
白黒、6.9×9.0 cm