鵜沢総明 うざわ ふさあき(1872〜1955)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:う[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:千葉県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

職業・身分 法律家政治家
出身地(現在) 千葉県
生没年月日 明治5年8月2日〜昭和30年10月21日
1872年9月4日〜1955年10月21日)

解説

明治32年(1899)東京帝大卒業後弁護士となり、大逆事件、血盟団事件、相沢事件(永田鉄山暗殺事件)など多くの事件を担当。戦後は極東国際軍事裁判日本側弁護団長を務めた。その一方、34年から明治法律学校講師となり、後に明治大学総長。41年より衆議院議員、当選6回を数え、政友会に属して要職を歴任。退任後は顧問となる。昭和3年(1928)貴族院議員に勅選される。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:名士の少年時代 新人国記 関東篇
請求記号:556-433
白黒、7.0×9.1 cm