鳩山一郎 はとやま いちろう(1883〜1959)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家首相[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家首相
出身地(現在) 東京都
生没年月日 明治16年1月1日〜昭和34年3月7日
1883年1月1日〜1959年3月7日)

解説

父は衆議院議長をつとめた鳩山和夫。明治40年(1907)東京帝大英法科を卒業した後、弁護士となる。大正4年(1915)衆議院議員に当選し立憲政友会に所属。田中義一内閣書記官長を経て犬養・斎藤両内閣で文相をつとめる。滝川事件に関与。昭和15年(1940)政党解党後、大政翼賛会に抗して同交会を結成。翼賛選挙に非推薦で当選。20年日本自由党を結成し総裁となるが、翌年、組閣寸前に公職追放。26年に解除されるも脳溢血で倒れる。翌年政界復帰し、吉田派と勢力争いを繰り広げる。29年日本民主党を結成し総裁、首相となり、計3次にわたり組閣。保守合同により自由民主党が結成されると初代総裁に就任。31年には日ソ国交回復を実現した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:大井玄洞翁と鳩山一郎氏
請求記号:特215-869
白黒、7.5×10.6 cm