平沼亮三 ひらぬま りょうぞう(1879〜1959)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:その他[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ひ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:神奈川県[前の人物]

職業・身分 政治家実業家その他
出身地(現在) 神奈川県
生没年月日 明治12年2月25日〜昭和34年2月13日
1879年2月25日〜1959年2月13日)

解説

慶応義塾大学理財科卒。明治44年(1911)以後、神奈川県会議員、横浜市会議員、衆議院議員、貴族院議員を歴任。実業界では、玉川電気鉄道、第一ホテルの社長をつとめた。戦後、公職追放から復帰後、昭和26年(1951)横浜市長に当選、亡くなるまでその任にあった。慶大時代からスポーツに親しみ、大正14年(1925)の創設時から全日本陸上競技連盟会長を務めたほか、各種競技団体、大日本体育協会の会長等に就任。生涯を通じてスポーツの普及、振興に尽力した。昭和30年文化勲章受章。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:スポーツ生活六十年
請求記号:780.4-H66イウ
白黒、7.8×12.1 cm