山川健次郎 やまかわ けんじろう(1854〜1931)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福島県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)教育家
出身地(現在) 福島県
生没年月日 嘉永7年閏7月17日〜昭和6年6月26日
1854年9月9日〜1931年6月26日)

解説

物理学者。父は会津藩士。明治4年(1871)イェール大学シェフィールド理学校に留学。帰国後、東京開成学校教授補を経て、12年東京大学初の日本人理学部教授に就任。X線発生の追試実験を行うなど、物理学専門教育の草創期を支えた。21年日本初の理学博士となり、34年東京学士院会員。同年東京帝大総長に就任するも、38年七博士建白事件の解決措置をめぐり辞任。以後、九州帝大総長を経て、大正2年(1913)再び東京帝大総長に就任、3年から10カ月間は京都帝大総長も兼任し、教育行政に尽力した。明治38年(1905)貴族院議員。大正12年(1923)枢密顧問官。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:男爵山川先生伝
請求記号:289-Y27ウ
白黒、10.0×13.3 cm