上山満之進 かみやま まんのしん(1869〜1938)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 山口県
生没年月日 明治2年9月27日〜昭和13年7月30日
1869年10月31日〜1938年7月30日)
号・別称等 寒翠

解説

明治28年(1895)帝国大学法科大学卒。同年内務省に入省し、山口県参事官、行政裁判所評定官兼法制局参事官を経て、41年農商務省山林局長。大正元年(1912)熊本県知事を務めた後、3年第2次大隈内閣の農商務次官に就任し、米穀政策及び農村振興の推進を図る。7年貴族院議員。15年台湾総督に就任して間もなく、金融恐慌の発端となる台湾銀行問題が発覚し、その処理に取り組んだ。昭和10年(1935)枢密顧問官。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:上山満之進 下巻
請求記号:289-Ka393ウ
白黒、9.1×12.3 cm