樺山資英 かばやま すけひで(1869〜1941)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 明治元年11月19日〜昭和16年3月19日
1869年1月1日〜1941年3月19日)
号・別称等 紫海

解説

鹿児島藩士樺山資雄の次男。アメリカに留学し、明治26年(1893)イェール大学院全科を卒業し、法学博士の学位授与。台湾総督府参事官、拓相秘書官兼官房秘書課長、首相秘書官、文相秘書官を歴任する。33年退官。大正3年(1914)に南満洲鉄道理事となり、撫順炭鉱の経営、鞍山製鉄所の創業に尽力。以後、薩派の中心人物として、12年第2次山本内閣書記官長に就任。帝都復興院参与として、大震災後の帝都復興に努力。13年貴族院議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:樺山資英伝
請求記号:289-Ka11ウ
白黒、10.0×13.7 cm