岩永裕吉 いわなが ゆうきち(1883〜1939)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト
出身地(現在) 東京都
生没年月日 明治16年9月13日〜昭和14年9月2日
1883年9月13日〜1939年9月2日)

解説

長与専斎の四男。日本郵船会社専務岩永省一の養子。明治42年(1909)京都帝大法科大学卒。44年南満洲鉄道入社。長春駅長、本社運輸部を経て、大正6年退社。鉄道院総裁秘書官、文書課長を経て、7年退官。10年国際通信社取締役、以後専務取締役を経て、15年日本新聞連合社専務理事。犬養首相に国策通信社の必要を提唱。昭和11年(1936)電通と合併した単一の通信社、同盟通信社の社長に就任。13年貴族院勅選議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:岩永裕吉君
請求記号:289-I95ウ
白黒、9.8×12.9 cm