高田早苗 たかた さなえ(1860〜1938)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 教育家政治家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 安政7年3月14日〜昭和13年12月3日
1860年4月4日〜1938年12月3日)
号・別称等 高田早苗(たかだ さなえ)
高田半峰(たかだ はんぽう)

解説

父は深川の通船問屋。東京大学在学中の明治14年(1881)に小野梓らとともに鴎渡会を結成。15年小野に大隈重信を紹介され、立憲改進党の結成に参加。東京専門学校の創立に参画し、講師となる。20年『読売新聞』主筆となり、文学新聞として育て、読者数を増やした。23年第1回総選挙で衆議院議員となり、以後当選6回。外務省通商局長、文部省参与官等を歴任。大正4年(1915)貴族院議員に勅選され、第2次大隈内閣の文相に就任。12年早稲田大学総長。昭和3年(1928)帝国学士院会員。法学博士。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:遺徳顕彰故人年鑑 第1輯 昭和14年
請求記号:281-I89ウ
白黒、10.6×15.0 cm