北条時敬 ほうじょう ときゆき(1858〜1929)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ほ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:石川県[前の人物次の人物]

職業・身分 教育家
出身地(現在) 石川県
生没年月日 安政5年3月23日〜昭和4年4月27日
1858年5月6日〜1929年4月27日)
号・別称等 時敬(ときよし)
廊堂(かくどう)

解説

父は金沢藩士。明治18年(1885)東京大学理学部数学科を卒業し、同年石川県専門学校教諭となる。21年第四高等中学校教諭。このときの教え子に西田幾多郎、鈴木大拙らがいる。第一高等中学校教諭、山口高等中学校教授を経て、29年山口高等学校長。31年第四高等学校長、35年広島高等師範学校長となる。大正2年(1913)東北帝国大学総長に就任。6年学習院長。9年辞職し、同年宮中顧問官、貴族院議員となる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:廓堂片影
請求記号:049-H81ウ
白黒、9.0×13.3 cm