大木遠吉 おおき えんきち(1871〜1926)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 明治4年8月5日〜大正15年2月14日
1871年9月19日〜1926年2月14日)

解説

学習院卒。明治32年(1899)父大木喬任の死とともに伯爵を襲爵。41年貴族院議員。伯爵同志会をつくり、反官僚派として活動した。大正9年(1920)内閣の司法相、続く高橋内閣でも留任し、11年加藤友三郎内閣の鉄相に就任。退官後は政友会と政友本党の合同問題に尽力したが、その最中に死去。公道会会長、大東文化協会会頭、大日本国粋会総裁、帝国農会会長なども務めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:大木遠吉伯
請求記号:556-131
白黒、9.0×12.9 cm