都筑馨六 つづき けいろく(1861〜1923)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:つ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:群馬県[前の人物]

職業・身分 官僚外交官
出身地(現在) 群馬県
生没年月日 万延2年2月17日〜大正12年7月5日
1861年3月27日〜1923年7月5日)

解説

父は高崎藩士。井上馨の女婿。明治14年(1881)東京大学文学部政治理財学科卒。15年ベルリン大学留学。19年帰国し外務省参事官、外相秘書官を務めるが、20年辞職。21年フランス留学し、翌年パリ日本公使館書記官、23年山県首相秘書官に任ぜられ帰国。27年内務省土木局長。30年文部次官、31年外務次官、32年貴族院議員。33年伊藤博文に従い立憲政友会創立に参加。36年枢密院書記官長。40年万国平和会議委員としてハーグ差遣。法学博士。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:都筑馨六伝
請求記号:554-64
白黒、10.1×14.9 cm