阪谷芳郎 さかたに よしろう(1863〜1941)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:さ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岡山県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家官僚
出身地(現在) 岡山県
生没年月日 文久3年1月16日〜昭和16年11月14日
1863年3月5日〜1941年11月14日)

解説

父は阪谷朗廬(儒学者)。東京英語学校、大学予備門を経て、明治17年(1884)東京大学文学部政治学理財学科卒。同年大蔵省入省。主計局長、大蔵次官を務めた。39年1月から41年1月までの間、第1次西園寺内閣蔵相の任にあって日露戦争時の財政処理・戦後経営に手腕を発揮した。45年から大正4年(1915)まで東京市長、6年から昭和16年(1941)まで貴族院議員(男爵議員)を歴任。専修大学の学長も務めた。法学博士。渋沢栄一の女婿。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:余が母
請求記号:534-73
白黒、10.6×15.1 cm