和田豊治 わだ とよじ(1861〜1924)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:わ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大分県[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 大分県
生没年月日 文久元年11月18日〜大正13年3月4日
1861年12月19日〜1924年3月4日)

解説

中津藩士・和田薫六の長男。明治17年(1884)慶應義塾を卒業後、渡米。帰国後、日本郵船に入社。その後、三井銀行、鐘淵紡績を経て、34年経営不振に直面していた富士紡績の専務となり経営を再建。大正5年(1916)東京瓦斯紡績を合併した富士瓦斯紡績の社長に就任。鐘紡の武藤山治と並び称される紡績業界のリーダーとなる。また、日本工業倶楽部の設立に尽力。11年貴族院議員に勅撰され、また同年日本経済聯盟会(後の経団連)常務理事となる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:和田豊治伝
請求記号:534-169
白黒、10.2×14.8 cm