添田寿一 そえだ じゅいち(1864〜1929)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:そ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚実業家
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 元治元年8月15日〜昭和4年7月4日
1864年9月15日〜1929年7月4日)

解説

明治17年(1884)東京大学卒。同年大蔵省に入り、旧藩主黒田長成に随行し自費でイギリス、ドイツに留学。20年帰国し、大蔵省で主税官、大臣秘書官、監督局長、大蔵次官等を務め、金本位制の実施や台湾銀行の創立に尽力した。32年法学博士。同年台湾銀行初代頭取となる。以降は、日本興業銀行と日仏銀行の創立に参画し、日本興業銀行初代総裁、中外商業新報社社長、鉄道院総裁、報知新聞社社長、台湾銀行監査役等に就任した。このほか、早稲田大学、専修学校、学習院、東京帝大等で財政・経済を講義し、多数の著作がある。14年から貴族院勅選議員。添田新三郎の三男。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:添田寿一君小伝
請求記号:514-234
白黒、10.0×12.5 cm