大浦兼武 おおうら かねたけ(1850〜1918)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚政治家
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 嘉永3年5月6日〜大正7年9月30日
1850年6月15日〜1918年9月30日)

解説

父は鹿児島藩士。戊辰戦争に従軍後、警察畑を歩む。明治26年(1893)以降、島根、山口、熊本、宮城各県知事となる。31年第2次山県内閣のもとで警視総監。33年貴族院議員。36年以降第1次~第3次内閣で逓相、農商相、内相を歴任。大正2年(1913)立憲同志会創立に参加。3年第2次大隈内閣農商相。4年内相として総選挙取締まりを指揮し与党を大勝させるも、前年の二個師団増設案審議の際の買収容疑で告発され内相辞任、政界も引退。子爵。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:大浦兼武伝
請求記号:398-56
白黒、10.0×15.0 cm